当会のご案内

トップページ > 当会のご案内 > 会長挨拶

会長挨拶


公益社団法人
岐阜県理学療法士会
会長 舟木 一夫

 岐阜県理学療法士会のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 平成29年6月の定期総会におきまして、第9代の岐阜県理学療法士会 会長に就任いたしました舟木一夫と申します。舟木一夫という名前は、若い人には馴染みは薄いようですが、ある程度の年齢の方には驚かれることがあります。

 公益社団法人 岐阜県理学療法士会は、岐阜県内の医療・福祉・保健職場で働く理学療法士の職能団体です。少子高齢化が進む中、我々理学療法士の働く環境も変化し、治療を主体とする医療分野のみではなく、介護予防分野にも職域が広がっています。介護予防は、健康な高齢者が今後も介護が必要とならないように、また、すでに介護が必要な高齢者には、今以上に介護が必要とならないように、運動機能の維持・改善を図っていくことを目的としています。
 私たちの団体は、平成25年4月より公益社団法人 岐阜県理学療法士会となり、活動の公益性を高めるために、県からの業務委託や、市町村主体の地域包括ケアシステムや介護予防事業に関する連携にも力を入れています。県民の皆様が、自分の健康を守るため、要介護状態にならないために理学療法士は、運動を活用する医療専門職として、皆様の力になることができます。
 岐阜県理学療法士会は1,500名ほどの会員数となりましたが、まだまだ若い会員が多い未熟な会でございます。これからも、県民の皆様の健康と福祉の向上に寄与する努力をしていきます。何卒ご支援ご協力お願い申し上げます。